肩のこらないイメージで包装材のデザインをすると、リーズナブルなテイストが表れてきます。程よい表現を保つことも大切です。日常的で自然を心がけましょう。

情報量を多くして、明るい配色にします。そうすると親しみやすく、肩のこらないイメージが生まれてきます。リーズナブルなデザインにするには、明るいトーンの配色、切り抜き主体の写真が条件となります。

情報は多く、余白は少なめにしましょう。写真や文字情報があふれていると気軽なしたしみやすさが表れます。余白は少しだけすくると気持ちの余裕が生まれます。

写真の方は切り抜き版を多く使いましょう。切り抜きの写真を主体にすると、カジュアルなイメージになります。特にメイン写真に切り抜きを使うと開放感が表れます。

文字組は緻密にしましょう。本文の文字は小さくします。高級感と同じ緻密な組み方でルーズなるブルな感じを出します。緻密な文字組をすると、配色を派手にしたとしても、上品さは保てます。

明るく鮮やかな配色で配色を残しましょう。明るいトーンを増やすほど、開放的になります。これはリーズナブルなイメージには大切なことです。どんなに鮮やかなトーンを多用しても白地を残して置くと一定の上品が保たれます。騒々しい感じにはならないのでやってみましょう。

価格表示は商品と重ねないのがいいようです。程よく品位と落ち着きを保つために、価格はやや大きめでも、書品には重ねないで近くに置きましょう。

陽気なオレンジで開放感を表すこともできます。身近で親しみの持たれる商品にはリーズナブルな表現をしましょう。情報を少なめにして、鮮やかな配色と斜めに組んだキャッチフレーズで開放感のある楽しさを表しましょう。