食品包装には欠かせない金属缶は、缶コーヒーなどに代表される飲料缶と昔から親しまれている食材の入った缶詰に広く使われています。

金属缶にはアルミ缶とスチール缶があり、アルミ缶は素材自体が薄くて軽いといった特徴を活かした分野で幅広く使われるようになっていきましたが、逆に簡単に潰せるように強度的には弱点があります。

そのためアルミ缶は、内部から圧力のかけられる炭酸飲料などに向いているのに対し、スチール缶は薄い板での製作が可能となったことで内容物に制限されず一気に使用範囲を広げていったと言われています。

スチール缶は、軽くて丈夫なうえ金属缶ならではとなる熱伝導にも優れていることから、缶に食材を加圧しながら密封したのち高温で殺菌処理ができるという、まさに食品包装にうってつけの包材となっています。

おすすめ記事