デランバーシュ氏の「スーパーマーケットが売れ残った食品を廃棄食分するのを止めさせ世界の飢饉を減らすこと」の署名活動は、ヨーロッパ各地に広がりました。

捨てられる運命にあった食品を利用した料理を提供するレストランもあります。また、残り物をうまく使う方法を教える料理教室も人気です。

不要な食品を分け合うための登録制度といった動きは、アメリカのニューヨークやデンマーンクの首都・コペンハーゲンに至るまで、世界のあらゆるところで生まれています。フランスではレストランに対して、食べ残し持ち帰り用の入れ物を備え付けることを義務付けました。

この法律は2016年1月から実施されています。1日に180食以上を提供するレストランに対して適用されています。フランスは食品廃棄の15パーセンtが飲食店と推定されています。

おすすめ記事