家庭で開封した後に、まだ安全に食べられるのか目安が必要であると言われています。直接ニオイを嗅いで確かめるというのが、長年の人間の知恵ともいますが、腐敗検知型スマートラベルもまた視覚や触覚に訴えるという意味で解決策になると考えられます。精度やコストダウンが開発と実用化の鍵だといえます。現在、循環型経済を目指した海外の大手ブランド企業や包装企業の動きが一層活発になってきたといえます。欧州委員会がプラスチック包装のリサイクルを徹底するというニュースがありました。2030年までに再資源化率100%達成を目指すということです。エレンマッカーサー財団は、循環型経済への移行を加速する目的で2010年に英国で設立されました。2005年に、女性として、単独無寄港ヨット世界一周の記録を更新して有名になった人の名前に由来しています。

おすすめ記事