過去に過剰な包装などがゴミ問題に発展したことを考慮し、包材自体の品質も改良され、包装としての役目を終え廃棄物になった際に処理がしやすいようにしたり、再利用できるようにしたり、分別しやすいよう材質を記載するといった3R(リデュース、リユース、リサイクル)の取り組みも重要な役割です。

輸送中の揺れや落下などで蓋が開いてしまったり販売中に中身の確認や悪戯などで開封されないようキャップシールがついていたり、外箱が接着され開封口をミシン目にするなど未使用・未開封を主張することは内容物の安心や安全をアピールするとともに、購入者側にも安心感を持たせることができます。

これは商品の保護性と関連した快適性であるといえます。

おすすめ記事