リアルタイムで情報を集めるというのは企業にとっても生活者にとってもとても大きな意味を持ちます。その情報を集めるのが包装の役割となっています。包装がネットワークの一部になるということです。1980年代に考えられていたことでは、ある生活者がある店で包装済みの商品を購入すると、モバイル技術はその商品を追跡します。その人が店からどのくらい離れた場所にいき、何時間車で走ったか、また歩いたり座ったりした時間や怪談を登った速度まで追跡できるものです。また、商品がいつ冷蔵庫にしまわれたか、いつ消費されたかも追跡するというもの。包装が開封された生活者はその商品を気に入り使用したとも考えられるとか、開封されない場合は、包装に不具合があると考えたりと、リアルタイムで生活者の動静が追跡できるように開発コンセプトは向かっていました。

おすすめ記事