アメリカのほとんどの州では、量り売り容器にお酒を入れて販売するのには法改正が必要です。健康や安全、非合法販売防止の必要性から、ビールやワインの製造免許を取得していない業者の量り売り容器の使用を禁止しています。ワシントン州では家族経営のワイン醸造所の団体が、量り売り容器に入れたビールやワインを指定されたビール、ワイン店や酒場、レストラン、醸造所のテイスティングルームなどで販売することを許可するように法改正を求めています。オレゴン州では同様の法律が2013年に承認されています。さまざまな形状の地ビール用グラウラーが楽しめるものの、ユニークなパッケージの増加は、ワインの詰替免許制を定める連邦法によっても規制されることになるということで、ワインの醸造所が量り売り容器を使用することには一定の歯止めがかかっています。

おすすめ記事