茶葉の劣化は水分、酸素、光が影響していると言われ、酸素を極力除去するのが理想とされています。ティーバック自体の材質としては、従来はポリエステル、ポリプロピレン、レーヨンが使われていましたが、最近はコットンやトウモロコシという環境にやさしい素材を使用するものも出回っているようです。最後にこのティーバックにまつわるおもしろい話をご紹介しましょう。紅茶の茶葉などを扱う貿易商がユーザーに商品サンプルを送る時にモスリンという木綿などを使った糸で織った薄い織物袋に茶葉を入れて送ったところ、受け取ったユーザーがそうとは知らずにお湯につけたところ、モスリンが溶けて紅茶がお湯一杯に広がったという話を伝え聞いたドイツのメーカー担当者が、同じようにまねたお茶の入った小袋入り茶葉を戦地の兵士に送ったところ大変好評で、以降改良が加えられアメリカのメーカーが商業ベースにまで完成度を高めていったと言われています。新商品のアイデアは、どこに転がってるかわからないということ、そしてそれをキャッチできる感性が必要という良い例ではないでしょうか。

おすすめ記事