包装の快適性というと、商品を高級に見せたり、ひと目を引くデザインにして販売促進に貢献したり、廃棄するときに処理しやすいようにしたりすることです。食品に関してだと、商品の名称や食品の栄養成分、カロリーなどを表示するのも快適性の範疇にはいってきます。その表示ですが、情報はわかりやすくするべきです。また、無理のない力で使いやすい、安全性が高い、適切な量とサイズといったことを追求したユニバーサルデザインであるべきといえます。最近では包材の廃棄処理が問題に上がりますが、包装過多にならないようにするのも大切です。再利用がしやすいというものポイントです。使用済み容器に工夫がなされた包材も快適性を追求したものといえます。こういったことを踏まえた優れた包装も増えています。また、食品などの保護性とは違った考え方で、商品の安全や安心を追求して、快適性の機能を高めている包装容器も多くなりました。密封性を担保した未開封性、未使用性をアピールした包装や、チャイルドレジスタントやイタズラ防止の機能を持ったシュリンク包装やキャップシールといった容器といったものは、わたしたち生活者に安心感を与えるという意味で快適性がある包装といえます。やはり、商品の安全、安心というのは、とても大切なことです。それらを拡大していって、情報の書き込みツールとしてのICタグを利用して、履歴機能付きや盗難防止機能付きの包装もあります。QRコードなどを印刷して、生産者の情報や流通情報なども見れるようになったものもあります。今後は、トレーサビリティの普及とともに、あらゆる商品に広く使わわれるようになるでしょう。デザインや表示と快適性は広がっています。

おすすめ記事