包装形態の一つにロケット包装というものがあります。一般の人には、あまり聞きなれない言葉ですがソーセージの包装と言えばすぐに「あれか!」と思い浮かべることができるでしょう。チューブ状にしたプラスチックフィルムに食品を注入し、両端を金具で占めこむもので、このあとに加熱殺菌が施されています。ソーセージのほか、プロセスチーズや味付け豆もやし、練り飴といった加工食品やカキなどの生鮮水産物などに利用されています。使用される材料には2種類あり用途になどで使分けられています。一つが高耐熱性、ガスバリアー性、保香性をもつポリ塩化ビニリデン系と高強度かつ適度なガスバリアー性を合わせもったナイロン系です。内容物となる食品の酸化防止、酸化による変色や異臭発生と言った風味に影響するものは、材料となるフィルムの酸素遮断性が関わっています。また乾燥により内容物の変質や、目減りは水蒸気遮断性の良し悪しが関わってきます。食品には切っても入れない香りは香気保持性が大切で、これは中から発生する香りばかりか外部からの移り香にも同様の効果が期待されます。物理的な強度は、わずかな穴(いわゆるピンホール)でも食品は影響されるため包装容器には大切な要素です。そのほか、光線による油脂の酸化という面では遮光性も重要な要素と言えるでしょう。このようにソーセージの包装一つとってみても食品包装にはいろいろな特性を満たさないと実用に耐えられないという厳しい現実があることを忘れてはいけません。

おすすめ記事