2020年7月より全国で開始されたプラスチック製レジ袋の有料化は、生活の中に存在するプラスチック製品に関しての興味を打ち出すにはセンセーショナルな出来事であったという方も多いのではないでしょうか。プラスチック製品は、その寿命やゴミ処理問題などが世界的にも取り上げられ、日本はその中でもプラスチック製品への対策が遅れをとっているなどとも指摘されているそうです。過剰包装の国などとして日本を揶揄するような世界からの見方もあるようですが、日本人としての文化や志を持ちつつも、出来る限り環境汚染につながるようなプラスチック製品の乱用は避けたいところでもあります。そんな中「バイオプラスティック」などと呼ばれる新たなプラスチックとしてのの存在が打ち出されているようです。「バイオプラスチック」とは化石燃料から作られるプラスチック製品と比較する中で、バイオ由来でありまた成分の生分解性が見られるプラスチック素材などと定義されているようですが、実際には地球環境における有害性については、まだまだ解決できていない部分もあるようです。バイオプラスチックは、自然由来の素材を使用され生分解性があることなどが「エコロジー」として期待されてはいるのですが、バイオプラスチックと呼ばれるプラスチック製品の中にも化学燃料を使用したプラスチック素材もあれば、自然界の中で生分解性が見られないものなどもあるようですので、バイオプラスチックの名を聞くだけでは手放しでその存在を喜ぶにはまだ早い段階であるようです。

おすすめ記事