「ごみ」が貴重な【資源】になるか、単なる【汚物】になるかは、皆さんのほんの少しの意識の持ちようによって変化するのです。「ごみ」の再資源化を考えるなかで、「リサイクル」について考えてみましょう。「リサイクル」とは、人間によって廃棄される「ごみ」を再資源化することを示しています。「リサイクル」の大きな目的は、使用されている資源を無駄なく使い切ることです。また、資源を無駄なく活用することで「ごみ」を減らす目的もあります。昨今、日本全国にて開始されたプラスチック製レジ袋の有料化は、皆さんの一人ひとりが、「マイバッグ」や「エコバッグ」を持参することで、使い捨てのレジ袋の廃棄を削減しようというような狙いがあげられます。また、プラスチック製のレジ袋の主な原料となる石油の浪費を制御する目的も含まれています。レジ袋の原料となる石油の浪費を抑え、結果的には大量の使い捨てレジ袋の廃棄量も減少させる一石二鳥の法案となるべく今後の私たちの行動に期待されるところでもあります。ショッピングの際に、レジ袋や過剰な包装を不要とする皆さんの姿勢がこれからの地球の将来を担っているとも言えそうです。また、「ごみ」を廃棄する際のひと手間の「分別」が潤滑油となって、廃棄物が立派な資源として蘇ることも認識しておきましょう。

おすすめ記事