納期の大幅な圧縮というのは混乱のもととなってしまいます。標準の日程を大幅になるようなことは止めておきましょう。

日程の短縮というのはよほどのベテランでない限り、大混乱してしまいます。小さな日程の乱れが、大きな事故を誘発することにもなります。急ぎすぎたりすると、印刷する文字の内容で誤字・脱字などのトラブルが生まれやすくなります。修正で二倍の時間を取ってしまいます。全行程の作業をする人たちにも大きな迷惑をかけてしまいます。これによってコストも膨れ上がるということも考えられます。

社内の関係者リストは、担当マネージャーが、予算概算、スケジュール、コンセプトの設定、ラフスケッチ決定をします。担当プロジェクトの責任者は、担当マネージャーがやることの他に、実施担当者の選定をします。

使用素材の手配担当者、価格、仕様などの情報、校正、その他手配担当者を決定します。同業他社のデザインも収集しましょう。これは複数集めるほうがよいです。失敗と成功の実例が詰まっているといえます。

店やサイトでの魅力的な見せ方、工夫、商品の魅力的な見せ方、キャッチフレーズを勉強します。カジュアル間、格調高さ、激安の程度など学ぶべきことはたくさんあります。

商品の背景、人物の設定、インパクトの強さ、説得力のある表現といったものを考えていきます。主な掲載内容は何かを考えます。商品以外のマスコット、地図といったものを使っているかなど考えます。仕様としてサイズや色の数も見ます。掲載アイテムも考えてみましょう。

法定文章、所属団体、許認可ナンバー、責任範囲、当店住所、他店住所、返品ルール、納品、支払い条件といった細かいところも同業他社のチラシを産駒にして、自らのチラシデザインに反映させましょう。